看護師の仕事内容 > 救急看護について

救急看護について

救急車で急患を運ぶ姿を見た事がある方がいらっしゃいますよね。急患の看護をする事も、勿論看護師の仕事内容の一つです。
救急看護において大事になってくる事は、観察力・判断力・チームワーク力です。チームワークについては前述しました。

まず、急患で病院に来た患者はバイタルサインのチェックが行われます。これは、体温・脈拍・血圧・呼吸・意識です。それに加え、採血をして血液検査を行い、心電図を装着して心電図の波形が正常化否かを把握します。

その後、レントゲンやCT・MRI等を撮り色々と今の患者の状況を調べます。

救急看護は、凄く凝縮された時間の中で微少な違いや観察事項を見逃さない、観察力が凄く大事なのです。また、判断力が無ければ、今自分がするべき事は何か、次に何をすれば最適なのかという事が分からずにアタフタしてしまいます。しっかりと、今すべき事を観察して判断をし、次に何をすれば良いか予測しながら動く事が大事です。
その中で、チームワークも良く取ってチームで急患を助けていく事が大事になってきます。

救急看護は凄く大変で難しく感じますよね。しかし、このような現場で仕事をして経験を積めば自分にとってとても良いスキルアップに繋がります。例えば一般病棟で働いている時に急変患者がいた時、落ち着いてどのような対処を行えば良いかが分かるからです。また、普段の生活でも身内が急変したり、公共の場で具合の悪い人を見かけた時に、適切な対処が出来、命を救える場面が出てきます。

難しいと思って敬遠しがちな救急看護ですが、凄く良い経験が出来る場ですね。